家事効率アップ方法!働いているママでも負担に感じないやり方

>

時間差調理の時短

健康と活力に直結するから

時間割次第で、食事にも時短の煽りはありません。
平日の朝でも、ついでに常備する副菜も作れます。
無理のない程度に、副菜を作れたらその週は少し家事が楽かな、と思う程度で大丈夫です。
数日程度、冷蔵庫で保管できる副菜は、加熱した温野菜などのサラダのマカロニサラダやポテトサラダや春雨サラダなどです。
煮物もタッパーに入れて保存します。
キノコや小松菜などと一緒に煮る切干大根やひじき煮、きんぴらごぼうなどのレンコンや人参などにアレンジ可能な根菜料理も献立に彩りができます。
もやし等と細切りの人参やキュウリなどとの野菜のナムル、筑前煮なども。
また一緒に食べるタンパク質に、ポン酢などの合わせ調味料を利用して作る長ネギや生姜と煮た鶏ムネ肉や、ブリの照り焼きなどのヘルシー時短料理も役立ちます。

下ごしらえも時短

トマトやキュウリやレタス類なども、切ったりちぎったりで手早く準備できます。
温サラダにして茹でるだけで美味しいのは、ブロッコリーやスナップエンドウやオクラや枝豆。
蒸し料理も流行りで、電子レンジで調理できるアイデアグッズもあって時短です。
素朴な時短料理は手間いらずで野菜本来の美味しさを味わえて、栄養も逃がさない方法でもあります。
週末や食事の支度の合間など、時間の余裕のある時についでを使えば、まな板などの洗い物も減らせます。
材料を切り揃えて20分程度煮るだけの煮物を作ったり、アイデアを作ることからが時短です。
鰹節の出汁も簡単に作れば料理が本格的になり、合わせ出汁や麺つゆやすき焼き用つゆなどで代用するのも味付けに苦労しません。
外食が多かった人や外食の好きな人は、企業の味覚のプロが製造した絶妙な調味料製品の中毒状態なのかもしれません。


この記事をシェアする