家事効率アップ方法!働いているママでも負担に感じないやり方

>

普段の行動次第

仕事の完結

性格に関わらず、仕事に対する姿勢は新入社員の頃から変わらず会社で相応に訓練されているはず。
状況は変わっても今まで通りに、早目に仕事を完結させていくことは同じです。
体力や頭の回転が年々ゆるくなったとしても、その分技術力が向上しているので精度は上がっています。
与えられた仕事は早く終わらせるなど、完璧さを目標にどんどん完結しましょう。
時短勤務にも対応していけます。
仕事の成果が同じであれば、無理やり残業しているブラック社員に劣るわけでもなく、会社上層部も理解しています。
解決法を準備しておくことです。
子どもの急な病気にも対応してもらえる近くの実家や専門の保育所を確保しておくことも必要です。
家族全体の心身の健康や体調管理が一番大切かもしれません。

実験スタイル

出産後、育児休暇もそこそこで仕事復帰を希望している人には、一旦従前の家事のやり方を見直すことも必要です。
時代も変わってキャッシュレス化も進み、買い物の仕方まで変わってきました。
ネットスーパーは値段も安く、買い物時間も最短で可能です。
食材を知的に吟味するのも簡単で、店舗の売り場移動もなくインターネット内の時間のかからない買い物です。
地域によっては数時間で届けてくれるところもあってかなり便利です。
試案ばかりせずに、実際に試してみると面白いかもしれません。
調理キットなどもあり、お店のメニューも簡単にマイメニューに。
バス掃除も赤ちゃんがお腹にいるころから仕方なく夫の家事分担の中に入っているかもしれませんが、洗剤類のラインナップを最新にしたり掃除用具を充実させて、理科の実験のようにお掃除を楽しんでもらいましょう。


この記事をシェアする