働いているママでも家事を負担に感じない効率アップ方法

家事効率アップ方法!働いているママでも負担に感じないやり方

タイムリミット

段取りがいい人は、無駄な動きがありません。
まず肩幅に両足を置いて、右足を踏み出してフライパンをゲットし、次に左足で右足をクロスして左足に重心を移動し、そのままコンロ点火してフライパンを火にかけ油を引く。
そして、右足を元に戻して下がり、冷蔵庫から準備してある食材を出してフライパンに投入しフライ返しでかき混ぜ、左足を元に戻して右足の下がった位置に両足を並んで置いて料理を盛り付けるディッシュを用意。
「美女」がキッチンを舞う一連のステップのようです。
日常がミュージカルのコミカルな演技のような働いているママでも、他人から見れば、かなり楽しそう!
家族みんなで作り上げるもの、と言ってもいつもキッチンでは独り舞台で、ブーイングもありません。
調理用ツールにすべて足が描き込まれたディズニー映画のようにパフォーマンスはしませんが、手から滑って踊り出すよう。
料理を開始したら、スタートダッシュで最適な調理時間を守って美味しく作るのもいいことばかりです。
炒め物などもモタモタしていると油っぽくなってしまうため、調理工程は素材の美味しさを引き出すことにポイントをおくのと、時短との相乗効果です。
揚げたものも焼いたものも、アツアツでテーブルに合理的に提供することで、時短だからと言って美味しい時間を逃がしません。
そのためには長時間煮込むものや味をしみ込ませる煮物などは最初に調理を開始する方がいいので、献立の作る順番を間違えないことが、今晩の夕食の成功につながります。

時短の有効活用

急いで外出すると偶然知り合いに会ったり、興味のあるものに気を取られて予定通りに家事が進まないことがあります。 買い物に行く手間も減らしたい時には、冷凍食品プラス、お手製のカット野菜などの冷凍している保存食品の活用も必須。 まとめ買いした時に冷凍して保存食品にすることで、買い物の回数を減らせます。

普段の行動次第

同僚の行動パターンも良く知っておくことも、自分の時にも少しでも楽になる方法でもあります。 基本的には誰の手も借りないことを念頭に計画したとしても、周囲との付き合い次第では、みんなもそれぞれ忙しいけれど子育てと社会復帰の短期間限定で大変かもしれない、と思って助けてくれる人もいるかもしれません。

時間差調理の時短

今晩の夕食は成功であっても、これで「最後の晩餐」ではないので、継続的に次の献立のバランスや作業のやり方の効果のある組み合わせを考え、家事にお休みはありません。 キッチンの使えるコンロは2つ等で、同時に調理するメニューは無理なので、時間差で調理することも練習次第であり、一番の時短です。